人とペットの
日々の腸内環境を整える
健康食品

マックスプロバイオ オンラインショッピング

マックスプロバイオ 無料サンプル

ABOUT MAX-PROBIOマックスプロバイオについて

「腸」元気で健やかな人生を ~免疫力強化・予防医学の推進~

高齢者人口が21%を超え、日本は世界で最初に超高齢化社会を迎えた国となりました。
同時に高齢者医療費の増大が深刻化し、これまでの「治療医学」から国をあげて「予防医学」の啓発に取り組むようになりました。
腸管は、生命に必要な栄養素を取り入れ、病原体の侵入を防ぐ最大の基幹臓器と言われています。不健康な食生活、ストレスの多い生活であると100兆を超える腸内細菌のバランスが崩れ、病原菌への感染がおこりやすくなります。このため「予防医学」の観点からも、腸内バランスを整えることは、健康状態を保つカギになると考えられています。
当社は、生きて腸まで届き、腸内環境を整える善玉菌(プロバイオテクス)に着目、自然由来の善玉菌を当社独自の高度な技術で元菌を培養・熟成させ、44菌株で構成された「MAX-PROBIO」の開発に成功しました。これほど多くの有効活性菌が絶妙なバランスで共存する製品は画期的であり、国内外から大きな注目を集めています。
私たちは、「MAX製品」が現代の「予防医学」の推進に大きく役立つものと確信しています。

活性土壌菌から作られるマックスシリーズとは・・・

主原料は良質な国産米から採れた米糠を使用し自然の有効活性菌をバイオテクノロジーで米糠に発酵させたものです。菌の質量や培養回数、適温などがそれぞれ異なり、長年の研究の末に、各生物の持つ体内の機能に対して一番最適な状態に仕上げられました。
腸内の活性化を始め腸内が良化作用を起こすと食欲が旺盛になり消化吸収も活発になり便秘、下痢の症状を緩和します。又、宿便を排出し肝臓・腎臓等内臓の機能にも大変いい効果が期待されます。栄養価の吸収が良くなる事によって日頃から病気をしにくい体質へと改善され、癌の抑制作用も大いに期待できます。
いずれの商品も自然の中から抽出された活性菌の為、副作用は一切ございません。特に競走馬用MAX-Zに於いては日本中央競馬会からの指導に基づき商品には総てロット毎に《競走馬理化学研究所》での医薬品等薬物検査及び飼料の安全性評価基準による検査を受けており、いずれも【陰性】の結果が出ておりますので安心して御使用下さい。

有効活性菌とは・・・

MAX資材中の微生物の特徴について

好気性の微生物としては酵母菌、各種の麹菌、セルロース分解菌、枯草菌、嫌気性の微生物としては乳酸菌やビフィズス菌やセルロース分解菌などが含まれています。その他にも機能を有する微生物として、アンモニア酸化細菌や亜硝酸酸化細菌、キチン分解菌、メタン酸化菌、イオウ酸化菌等が含まれています。
このように多様な微生物を数多く含むことが、本資材の微生物的な特徴です。
上記に挙げた活性菌は、善玉菌と呼ばれているものです。
生物の体内には、驚くほどの善玉菌と悪玉菌(大腸菌・腐敗菌・球状菌・その他)が生息しています。
有効活性菌を投与し、善玉菌を増やし、悪玉菌を減らす事により、約2週間程度で腸内の活性化が進み食欲が旺盛になると同時に体力増強につながり、規則正しい体へと変化していきます。
腸が活発に活動すると、便秘・下痢の症状も減少され、又、大小便(糞尿)の臭いも自然から抽出された活性菌が腸内で悪玉菌の減少作用を起こすため、殆ど臭わなくなります。
尚、服用を中止された場合は、約4~5日で投与前の腸の状態に戻りますので、徐々に悪玉菌が腸内で働く結果となり、大小便(糞尿)が臭うようになります。排泄物は総ての生物の健康のバロメーターといい、その日の体調を表します。悪臭の強い便は、悪玉菌(大腸菌等)増加の為と考えると良いでしょう。便の臭いがきつい時は体の機能も低下し、体調も悪くなります。善玉菌を増やし、悪玉菌を減らす事が体調強化の継続性に繋がり、引いてはあらゆる生態の改善に努められる事でしょう。

悪臭と土壌菌の作用

  • ①悪臭の三要素としては、有機物の腐敗に際して出来るアンモニアガス、アミンガスやタンパク質、肉類の腐敗で出来る硫化水素やセルロースの分解で出来るブドウ糖があり、これらが混合し悪臭を発生していると云われている。これらの要素に土壌菌中のアンモニア酸化菌中のアンモニア酸化菌やイオウ細菌、セルロース分解菌が作用して、炭酸ガス、水硝酸、カク酸、酢酸、メタンに分解してしまい悪臭は他の物質に変化させるものである。
  • ②土壌菌の作用とそのメカニカル
    • ②-(1)アンモニア酸化菌(亜硝酸菌)
      アンモニア態窒素が細菌の作用により硝酸態窒素に変化する現象を硝化作用という。すなわち土壌菌では絶えず行われている酸化現象であってこの作用に預かる細菌を硝化細菌と総称している。硝化作用は次の様に2段階を経て行われる。

      NH3+3O = HNO2+H2O
      HNO2+O = HNO3

      この前階にあたりアンモニアを亜硝酸に酸化する作用に預かる菌群を亜硝菌つまり生成亜硝酸をさらに硝酸に化成する作用に預かる菌群を硝酸菌と言う。

    • ②-(2)イオウ細菌(イオウ酸化菌)
      一般生物に有害な硫化水素を栄養として利用する。

      H2S+1/2O2 = H2O+S
    • ②-(3)セルロース分解菌(繊維を栄養とする)

      (C6H10O6)n+nH2O = n(C6H12O6)
      C6H12O6 = C4H8O2+2CO2+2H2
      C6H12O6 = 3C2H4O2
      C6H12O6 = 3CO2+3CH4

有効活性菌の主な働き

  • アンモニア酸化菌

    硝酸アンモニアに変える菌

  • セルロース酸化菌

    繊維を栄養としている菌

  • イオウ酸化菌

    生物に有害な硝化水素を栄養にしている菌

  • メタン酸化菌

    メタンガスを栄養としている菌、便・おならの臭いを減少

◎ 硝化作用とは有機物の腐敗に伴って出来るアンモニアガス・アミンガス・硝化水素などを、炭酸ガス・水・硝酸・カク酸に変化させる働きをする事を言います。
◎ 大腸菌など、有害なバクテリアを駆除し体内に良い菌が増えると同時に腸を活性化し、肝臓・腎臓の機能にも良い期待が持てます。

「JRA競走馬」の健康を支え15年以上
厳しいドーピング検査をクリアする
安全な「MAXシリーズ」

香港競馬にて
弊社社長と武豊氏

当社は飼養管理が難しいとされる「競走馬」向けに開発したMAXシリーズを15年以上にわたり提供してきました。馬は特に腸が長い動物であり、腸の状態の良し悪しが健康状態の指標を表すといわれています。自然由来の有効活性菌を生きたまま腸まで届け、腸内環境を整えるMAXシリーズは、腸内消化吸収力・免疫力向上を促し、競走馬の状態を最高レベルに引き上げる信頼のブランドとして貢献し続けています。

MAXシリーズ詳細